症例についてCase

当院では、患者さんとご家族の想いに寄り添った医療の提供を目指しています。
また、一般内科管理や看取りを含めた緩和ケアなどにも力を入れております。

当院の特徴として、専門医による適切なキズの治療を提供することが可能です。
高齢・寝たきり・下半身麻痺などに伴う褥瘡や、糖尿病性足潰瘍、うっ滞性皮膚炎などの治りにくいキズを抱えた患者さん多くいらっしゃいます。

また、巻き爪・陥入爪・タコ・ウオノメなどに対して、在宅で適切な処置が行われていない状況も多く存在しますが、これらの治療にも対応しております。

うっ滞性皮膚潰瘍

初診時の状態

下肢静脈の還流障害が原因で生じる潰瘍です。
長時間の立位や下腿浮腫などに伴い発生・増悪します。
生活指導や、適切な処置指導などが必要で、治療は長期化することもしばしばあります。

治療開始後約1年の状態

適切な創部管理、手術、生活指導にて傷はほとんど目立たない状態になりました。

参考途中経過

仙骨部褥瘡

褥瘡

床ずれともいわれます。硬いベッドと骨に長時間挟まれたり、不適切な姿勢でずれる力が加わって、組織の血流が悪くなり生じます。全身要因,局所要因,社会的要因などがあり、社会的な要因が軽んじられるケースが多々あり、注意が必要です。
左写真はステージ4という骨まで達した褥瘡です。

約半年後

除圧指導、栄養管理、局所処置にて半年後には半分以下まで治癒促進しました。

糖尿病性足潰瘍

初診時の状態

糖尿病の方は、神経や血管の障害により足の傷が治りにくい状態に至ります。胼胝(タコ)を放置してその下に潰瘍を作り感染を生じることがあります。

098-989-9999
098-993-7579 受付時間 9:00~17:00 / 月~木、土
*緊急時は24時間365日対応します。

【対応エリア】
沖縄市・うるま市・北中城村・中城村・北谷町・宜野湾市・西原町・浦添市・読谷村・嘉手納町

Pagetop